GRAPHの住まいづくり

その土地に、作品を。

本質的に良い建築をつくる。

装備や仕様やスペックで勝負せず、本来の建築の機能を取り戻す活動を行いたい。空間の豊かさや面白さ、多様化する生活様式への対応を見据えて、無駄を削ぎ落とし、しっかりとデザインされたもの=資産価値の高い普遍的なデザインを追求します。

お客様の想像を超えるものを。

お客様が要望される住まいを言われた通りにつくる。それはある意味正しいのですが、本当にお客様のためになるのでしょうか。私たちは作り手としての矜持を持つべきであり、指示された通りのものをつくることは恥ずべきことだと考えます。施主の想像を超える建築によって「情感に訴える住まい」を提案してこそプロだと思うのです。

“地元の建築家”とつくる住まい。

良い住宅とは何か?それを知っているのは工務店やメーカーではなく、アカデミックに建築を学び、作品を生み出し続けている建築家です。「建築家との家づくり」を標榜している住宅会社は多数ありますが、私たちはそれらと一線を画したいと思います。「熊本の気候風土を知りつくし、熊本に縁があること」「コンペで作品性が認められ、受賞歴があること」それがGraph が基準とする建築家です。私たちは本物の建築家がつくる住まいが施主のみならず作品として社会から評価される活動を行っていきます。